ぶつぶつノート ~ごはんおかわり~

たとえアイコンがうさぎになろうとも、ヒト型ネコはゆずらないっ!
ごはんおかわり! お茶も!
あ、ぶぶ漬けでもどうですか?

カテゴリ: きものぶらぶら

昨日まで母が所用で京都に来ていて、昨日は一緒に足袋屋さんへと行きました。
病気のために足がパンパンになっており、既製の足袋が履けなくなっているのです。

「今度京都行くときに行きたいし、足袋作っているところを探しといて」
と言われて
「ああ、そりゃ京都にならあるやろうね」
と安請け合いしたら、今ではなんと京都で1軒(全国でも数軒)しかないのだそうです。
それが、「植田貞之助商店(まる吉足袋)」さん。
作っておられるのは、京都で唯ひとりの京足袋職人・植田勝也さん

そして、実際に植田さんの母に対する説明を聞いておりましたら、私もほしくなっちゃいました
そんなわけでお願いして私の足も測ってもらいました。
しかし、自分では第二指が第一指より長く、外反母趾ぐらいなのが問題かなと思っていたんです。
それが、細かく測っていただきましたらかなりいびつな形みたいでした。
足の大きさの割に甲がかなり薄く、指が長く、右と左も若干違うし……。
そういう細かいところを全て測って微調整して私専用の足袋の型紙ができるそうです。

足袋の履き方も指南していただきまして、できあがりは来年3月頃!
それもそうですよね。全国から注文来てましたし。
できあがり、楽しみです。
できあがったら記念にきもの着て、またレポートします。

f195d23d.jpg

写真:母の太い「おみ足」を「文差し」を使って測っていただいてます

に上がるのも怖いくらいに高いところが苦手な私が、飛び降りました。 何と、浴衣を買いました!(わー、パチパチ) ↓こんなやつ 月間MVP受賞!【送料無料・お仕立て代込み】40%オフ!職人の技が生きる本格有松絞りゆかた花火... 迷っている間に「欲しいかも」と思った柄がどんどんなくなっていったので、ちょっと慌てて飛び降りました。 手持ちのものとは色も柄もだいぶ違うし、初めて自分で選んだものだから、届くまでドキドキ・ワクワクです。 何せ、規格外の体型だから既製品サイズではムリだし、仕立ててもらえるお店はありがたい。 「ゆかた屋」バンザイ! ただいま、この夏一緒に浴衣で遊んでくれる人を募集しています。

「電算の日」でも「伝さんの日」でもなく「伝産の日」つまり「伝統産業の日」です。 京都市が春分の日を「伝統産業の日」に指定したらしいけど、 まー、あれですね、きものでお得な日です。 私にとっては。 ぼちぼちきものを着た方々を見かけるようになってきました。 昨年は本館の方で「3月うなじ」と銘打って一大イベントを行いましたねぇ。 なつかしいですなぁ。 今回は平安神宮の神苑にも無料で入れます。 これ、けっこうお得だと思いますよ。 あと、私の長年にわたる地道な活動の甲斐もあってか、人力車に無料で乗車できるようになりました。 これはすごいね。 だって人力車っていちばん短い距離乗っても3000円するのよ?! やるなぁ、伝さん。 こんな話を職場でしてたら「人力車に対抗してカゴはどうでしょう?」と提案されました。 「いや~ぁ、どうなんでしょう」と答えましたが、…どうなんでしょう? 人手(と人件費)が倍必要になるんじゃない?、とも言ったのですが…。 えびす屋さんどうですか? 商売になりますか? とまぁ、こんな感じの(カゴはありません)春の京都、いかがですか? (私は観光地に近いところに棲息してるから、あんまり人が来ると困るんだけどね)

と歌ってみても、やっぱり今はきものが流行りなのです。 私としては流行ってほしくないんだけど。 こないだ、アンティーク風のきものにスニーカー、マフラー…という女の子を見かけました。 私は古典派好み(?)なのでこういうのはあんまり…です。 でも流行りだからか、最近、きものもいろいろありますねぇ。 前に紹介した二部式の他に、洋服みたいなきもの、ってありました。 3分で着付けができるって(これ)。 高いけど、こういうのならもっと着るのかな、と思うけどでも高い。 ネットで探すといろいろ見つかりますねぇ。 私でもいつか自分のきものが買えるかも。 かんざしなんかもかわいいのありますねぇ(ビーズのやつがいいなぁ)。 かんざしはいいけど、きものをネットで買うのはまだ不安です。 いつか呉服屋とかできものを買えるようになりたいなぁ、と思う今日この頃です。

3月20・21日にツアー「三月うなじ」を開催します。 今さらな説明ですが、このツアーは「きものを着て(うなじを見せて)京都を観光しよう」というものです。 今のところまだ参加者が少ないので、宣伝しておきます。 このツアーの魅力は何といってもお得なことです。 何せ主催者のふところに余裕がないので、できるだけ安く楽しめるところを常に探しています。 コストパフォーマンスが高い(?)ところがいいですね。 宿泊もタダですよ。 今回はきもの着てたら観光中の交通費もかかりません(京都までの交通費は払ってね)。 今回もきもののレンタル・着付けあります(詳しくはこちら)。 でも、どうせならこのさい買っちゃえ。同じくらいの値段で買えそうだし。 20日だけ、21日だけ、とかもアリですよ。 ほらほら、みんな参加しようよ。

3月の京都もいいですよ。 その時期には「京都・花灯路」が開催されます そしてそんなイベントがあるということは、…そう、きもの着てるといろいろお得なんです。 「伝統産業の日」ということで、いろんな施設の無料(割引)拝観・入場や市バス・地下鉄の無料乗車もできちゃいます。 まぁ、無料なところはそれなりの理由があることも最近わかってきましたが…。 ちゃんと無料(割引)券はゲットしておきます。 まだ誰からも参加表明がありませんが…いかがですか? 今のところ3月20日・21日を予定しております。 参加資格はその日京都に来られる人で、事前に私と連絡が取れる人。 隣・近所、お友達などお誘い合わせの上、ご参加ください。

このページのトップヘ