ぶつぶつノート ~ごはんおかわり~

たとえアイコンがうさぎになろうとも、ヒト型ネコはゆずらないっ!
ごはんおかわり! お茶も!
あ、ぶぶ漬けでもどうですか?

カテゴリ: もぐもぐむしゃむしゃ

京都には、「むしやしない(虫養い)」という言葉があります。
この場合の虫は「腹の虫」です。
腹の虫を落ち着かせるために、ちょっと食べるおやつとか軽食のたぐいを、腹の虫を養う=「虫やしない」と言うんだそうです。
腹の虫にちょっとしたおやつを、ええですなぁ。
「なんぞ虫やしないでも食べましょか」なんて言っておやつでも食べに行くとよいようです。

で、それは知ってはいたんですが、一方で「むしおこし(虫起こし)」というのもあるんだそうです。
経験はみなさんあるんじゃなかろうかと思うんですが、何かちょいと食べたことによって余計におなかがすくというか、もうちょいと食べたくなるというか、そういうのを「むしおこし」言うんやそうですわ。 へー、うち知りまへんどしたわ。
なんかちょっとしたもんをお客さんに出して「虫起こしになってしまいますけど」と言うとよいようです。

さてさて、ここからが難しい、「エクストリーム正月会食」です。
「エクストリーム」というのは「極限の」「極端な」「過激な」とかそういう意味のことで、そういうスポーツがあるそうですが、まぁよく「アンサイクロペディア」に出てきます。
参考:エクストリームスポーツ(アンサイクロペディア)

このたびの正月に、飼い主の生家にご挨拶に行って参りました。
義両親のもとへ、私たち2人、義姉一家(4人)、義母の姉妹(2人)が集まり、計10人(1名は後から参加)が揃いました。
会食は、寿司が予定されていたのですが、なぜ何がどうなったのか、一人前の寿司パックが10コと10人前ほどの持ち帰り寿司が手配されていました。ざっと20人前と思っていただいたらよろしいかと。
そもそも、4人が食の細い老人で、それなら8人前ぐらいでいいのではないかと思うのですが、ざっと20人前強あったのではないかと思われます。
パック寿司は最初から「持ち帰りにしよう」となりましたが、寿司桶の方も案の定高齢者サイドのテーブルではほとんど寿司が減らないという状態に。そして(比較的)若者(といっても50代もいる)グループの皿の方がゴールを迎えようとする頃に「こっちのまだあるし食べぇ」とチェンジされるという、苦行のような仕打ちが。
しかも、なぜか来る途中で「餃子食べたい」となった義姉一家のはからいで、王将の餃子と炒飯もありました。これはほんの2、3人前ですけどね。若い(20代の)甥っ子君たちが「餃子と寿司か」「寿司と炒飯って米と米やな」などと言いながら食べておりました。
わが家からは、小さな和菓子をだいたい人数分持っていったのですが、ほかの皆さまも何ぞお持ちになっておられまして。
スナック菓子…たくさん。とりあえず食べぇな。
イチゴ山盛り…寿司を食べた後にがんばりました。
ケーキ…ひとり2つずつ分用意されておりました。→4つ持ち帰り。
みかん…これも食べぇさ。さぁさぁ持って帰り。→2つ持ち帰り。
お菓子…おばさんのお土産だったかな?→持ち帰り。
デコレーションケーキ(ホール)…「遅れてごめんね、おっちゃん(ウチの飼い主)誕生日やろ」と姪っ子さんが持ってきてくれました。→ロウソクを立てて吹き消す儀式を行ったあと、全部ウチに持ち帰り。
パン…(上述の姪)「バイト先のパン持って帰って」→みんな分あったのでわが家の分(紙袋1つ)持ち帰り。
なお、パック寿司については留守番の家族のいらっしゃるご家庭の方が多めにお持ち帰りくださり、わが家は免除されました。

――どの辺からでしょうか。寿司を食べている段階……いえ、寿司を見た段階で、身の危険を感じました。
食べている段階でも苦しかったのですが、家に帰ればまだおせちも残っております。カニも手付かずであります。
実はおせちを購入した際に、おまけとしてロールケーキももらっていたのでした。
虫をやしなう、とか起こすとかじゃなくて、虫が悲鳴をあげております。苦しんで倒れております。
現在は、友人に救援を求めております。 どなたか、ヘルプミーです!!

冷凍庫の中には卵がひとつ♪
ひと晩待ったら卵にヒビが!

1196287a.jpg

まな板とりだし卵を乗せて、
滑らないように包丁で切るの♪

3edb288b.jpg

cbdb8b40.jpg

油を敷いたらフライパンに伏せて、
弱火でじっくり気長に焼くの♪

b9e09762.jpg

卵が溶けたら殻だけ外し、
しばらく待ったら目玉焼きがふたつ♪

16172f18.jpg

えー…何の不思議もないものでできる、卵2分割の術です。
凍った卵を切るのが難しいというか多少危険です。お気をつけて。
あと、冷凍の時間がありますので思い立ってすぐはできません。要注意。
マフィンにはさんだりするのにちょうどよい大きさになりますよ。

558b6236.jpg

先頃テレビ番組で紹介されたという噂の「大ひよ子」。九州内あるいは福岡県内でしか入手できないという情報も。それを正月の帰省の際に見つけて、わが家に連れて帰りました。
ddf09b01.jpg

確かに、でかい。
通常の「ひよ子」の5倍というサイズは、チビひよ子(普通サイズ)5匹入りの箱にすっぽり入る大きさ。

80d85068.jpg

チビひよ子と並べると、完全に親子。

e9ad9d67.jpg

お友だちのお家で開かれた新年会のお供に連れて行きました。

チビひよ子たちと泣く泣く別れる母ひよ子(イメージ)。

e81999c3.jpg

「その子たちは連れていかないでください。代わりに私が行きます!」(イメージ)

刃を入れたのは家主である友人。「やっぱり顔をまっぷたつはかわいそうな気がする」

82fddf91.jpg
ざくっ。

9f1d4fa2.jpg

ざくざくっ。
「顔は傷つけないでいてやろう、ふっ」(イメージ)

そうして、大ひよ子は4つに切られてしまいました。

3a21d3c0.jpg

切られてもつぶらな瞳でじっと見つめるひよ子(イメージ)
721985ff.jpg

なお、味はいつものひよ子でした。
「じっくり味わってやったぜ」(イメージ)

ひよ子本舗野堂公式HP大ひよ子

今日のおじゃが デルモ…

精進料理のレシピをたくさん探していた時に見つけて、一度も作ってないにも関わらず、名前がミョーに印象に残っていたのがこれ。
デルモニコ・ポテト
料理を考案したのがデルモニコさんなんですって。

今回のじゃがいも祭りの期間内に作ろうと思って、レシピのコピーを探し出したれば…

今日のおじゃが デルモ…

なんと、端っこ切れてる!
しかも肝心なとこ、材料分量わかんない!
ばか、私のばか!

なんとか文章を補完しながら読み、必要な材料はじゃがいも牛乳パン粉だけとわかりました。
結局はネットと勘に頼り、目分量で作りました。

作り方は簡単。
賽の目に切ったじゃがいもを牛乳で煮込み塩・コショウで味付け。
耐熱皿に入れたらパン粉をかぶせて暫し待つ(牛乳吸わせる)。
あとはオーブンで焦げ目がつくまで焼く……

意外に簡単で、しかも材料がシンプル。
ぜひ興味ある方は、……ちゃんとレシピ探して作ってみてください。

ちなみに、パン粉は自作。
マヨネーズ、シチュー粉と並び、わが家に常備されない食材。
頻度が少ないので、使うたびごとに作った方が、経済的にもエコ的にも風味的にもよいのです。
ミキサーにパン入れたら、あっという間に新鮮生パン粉のできあがりですよ。

今日の消費じゃがいも……中2個

ぬくぬく 今日のおじゃが

めっきり冷え込んできたので、クリームシチュー…にしたかった。
いろいろと不手際があって納得のいかないビミョーなクリームシチューとなってしまった。

動物性食材を使わない「野菜畑のブイヨン」を愛用してるのに、気づいたらこないだ使いきったのが最後のひと袋だった。
仕方ないので、塩・コショウ・若干のしょうゆなどで味はごまかした。あ、あと粉チーズも少し入れてみた。
私のシチューは、いわゆるシチューの素を使わずに、柔らかくしたバターと小麦粉(ちょっとコーンスターチも)を練り混ぜ、溶かしこむやり方です。
普段はそれでできるし、これからもそれでいいけど、ブイヨンがない今回みたいな状況だと、素があると楽なのかな、と思いました。
ま、でも、ビーフシチューに比べたらはるかに簡単ですので、今後もシチューは素を買わないでいいと思います。はい。

今日の消費じゃがいも……大1個

11月3日は祝日、そう、わが家の結婚記念日でした。
休んでまでお祝いいただいた方、ありがとうございました。(違っ)

昨年偶然入ったお店があまりにすばらしく感激したので、今年は予約してお伺いしました。
川の見える席で、ちょいリッチなディナー。
めずらしく、本当にめずらしく、飼い主が花なんぞ用意しておりました。

うさぎおいし、かの川

するとお店の方が空気を察して下さり、メニューをちょっとお祝いモードにアレンジ(ケーキにロウソク!)してもらいました。

このお店、私の知る中(あまり知らないけど)では最高級のおもてなし店です。
メニューの解説もおすすめの仕方も丁寧で、至れり尽くせりでびっくりするほどです。
この日は、前菜を一品だけ鳩にしてくださいました。
おすすめだということでウサギを食べました。ウサギ、初めてでしたがおいしくいただきました。

うさぎおいし、かの川
↑これがウサギ肉

パスタには目の前でトリュフ削ってもらいました。
デザートの、西京味噌を使ったティラミソロールとバラのアイスもよろしおした。
そのほかにもたくさん、もうすべてが、見事においしいのです。

それでいて割にお手頃価格なのでびっくり。
わが家の三ツ星レストランです。

人生いろいろありますが、ご飯がおいしく食べられるって幸せですね。

さあさあ 今日のおじゃが

久しぶり飼い主がご飯を作ってくれました。
カレーとポテトサラダ(山盛り)でした。

別に急いでたくさん使わなくてもいいのに、使命感にかられたのか、若干作りすぎの気配。
もうホントにおなかいっぱい。
食べきれなくて翌日のお昼用に残しました。
でも、おいしかったのでよしとしよう。
ありがとうございます。

今日の消費じゃがいも……大3個(2個でじゅうぶんだった)

このページのトップヘ