ぶつぶつノート ~ごはんおかわり~

たとえアイコンがうさぎになろうとも、ヒト型ネコはゆずらないっ!
ごはんおかわり! お茶も!
あ、ぶぶ漬けでもどうですか?

カテゴリ: 京都うろうろ

祇園祭ですね、毎日暑オスなぁ。
前祭の巡行が終わったので、(私としては)少し一段落しました。祇園祭楽しいですねぇ。
さて、今年は宵々々山見物に行くまでは全く祇園祭の気配を感じることができなかったので、念願だった『宵山万華鏡』を読むことにしました。 
 
宵山万華鏡

宵山万華鏡
著者:森見登美彦
価格:518円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


で、この話、私は怖かったんです。ゾクッとしました。(でも、キライじゃない)
けど、友人にそのことを話したら「何言ってるのコイツ」的な顔をされました。モリミーっぽくて楽しくなかった? ちょっと不思議なところはあるけど…みたいな。ね。

そこで、はたと気づいたのです。私は、この話が現実にあり得るかもしれない、と思っているフシがあるんだと。
まず、京都という街と祇園祭の宵山が持つ不思議な気配とか雰囲気とかが、あり得なさそうなことが起こりそうなそんな下地をつくっている、というのはあると思います。

それよりも、私は、いわゆる「無限ループ」というのが、怖いんです。なぜ怖いのかというと、自分にも起こっているんじゃないかと思っているからなんですね。(またこいつアホなこと言い始めたで…)
このお話の中に、宵山の1日をえんえんと繰り返している人物が登場するのですが、まぁ、普通は「そんなことない」「ファンタジーの話」で済むんでしょうが、何しろ私、夢から醒めない夢を見続けたこともありますし、経験しているはずのない会話の記憶があったりしますし、そういうことがしょっちゅうなので、どこかでループしてるんじゃないかな、と思っているのですよ。ハイ。
「この人とこの会話するの、出会ったタイミングからすると初めてのはずなのに、初めてじゃない、って思うことがもうすで何度かある」というのがたびたびあるのです。いろんな場面で。
おかしいですねぇ。(私の頭が?)
未来の分の記憶を持っているか、私の人生のどこかのタイミングでループしていてその記憶がぼんやりある、ということですよね(断言)
そんな私なので、祇園祭の宵山から抜け出られないループ、というのはちょっと真実味のある怖さとして感じられるということです。

う~ん、『宵山万華鏡』怖いよね、という話を書きたかったのに、私がたぶんアブナイこと言うコワい人だと主張してるみたいですね。ま、いいや。 

「宵山姉妹」を“ちょっと不思議なファンタジー”と読んで、「宵山金魚」「宵山劇場」を“阿呆の楽しい話”と読んだのに、「宵山回廊」「宵山迷宮」と読んだら“無限ループ”でてきてこれは…となって、最後の「宵山万華鏡」まで読むと最初の方のちょっと不思議なちょっと可笑しい話が実は?…となってもう一度最初の「宵山姉妹」からもう一度読みたくなるという、この1冊でループしてしまうはめになりました。
恐るべし、『宵山万華鏡』……。

私がけっきょく16日の宵山に行かなかったのは、これを読んだからじゃないですよ。
だって、今年(2014年)から宵山も前祭と後祭に分かれたので、あの場所(室町三条下ル)で宵山の雰囲気は味わえないんです。
ちょっとホッとしつつ、後祭の宵山も行ってきます。

宵山様に出くわしませんように……。 

梅雨ですね。
なんとなくすっきりしない日々ですが、いかがお過ごしでしょうか。

ネットのお友だちが6月中に京都に来ることを聞きつけ、この時季のおススメをまとめてみました。
せっかくまとめたので、ここでも紹介してみましょう。

【京都】梅雨どきも楽しめるおススメ京都スポット【観光】 

初めて、NAVERまとめを使ってみました。
慣れなくてちょっと苦労しましたけど。

で、もっともっといっぱい要素を入れたかったんですけどね。まとめのページがあんまり多すぎると見る気が失せる(経験談)ので、このへんまでにしました。
ここもイイのに、とかいうのは各自で心のなかで思っておきましょう。
ま、京都なんて庭園を見るために寺があるようなもの(一方、奈良は仏像を見るために寺がある)で、見るべき庭はたくさんですし。
新茶の季節ですね、ってお茶のおいしいところも紹介したかった。
ホントのホントは「おススメデートスポット」にしたかったけど、デートってどういうとこ行くの?…となってしまったので、やめました。

ついでなので、このまとめを参考に、こういうコースはどうだろう、というのを妄想してみました。(まとめに入れてない箇所も)
妄想設定:デート、京都好き女子、落ち着いたとこが好き、面白いものも好き、夏には花火大会とかで浴衣デートしたい、朝まで降ってた雨が上がったけどまだ降るかも

待ち合わせ:南座前(京阪「祇園四条」駅すぐ)
 ↓
花見小路を歩いて、建仁寺へ。 建仁寺と塔頭の両足院を見物。両足院で半夏生を観賞。
 ↓
お昼は「松葉」でにしん蕎麦? いや、どこでもいいよ。何ならお昼抜きでおやつ2回。
 ↓
四条の雑貨屋さんやら何やらを冷やかしつつ西へ。何この八ツ橋かわいい!(nikiniki)
 ↓
河原町付近でSOU・SOUへ。
 ↓
錦天満宮にお参り。ビルにぶっ刺さった鳥居を見る。
 ↓
錦市場で食べあるき。ほうじ茶ソフト? 豆腐ドーナツ? かき氷? 水無月?
 ↓
烏丸を越えて室町通へ。どこか浴衣の売ってるお店でショッピング。
 ↓
たぶんそろそろ夕方。伊右衛門サロンでおいしいお茶と夕食を。
 ↓
さぁ、今日はもうお別れね、というところでいきなりタクシーに乗って哲学の道or祇園白川へ。なんとホタルが見られたのでした。なんて素敵、きゃっ(*´艸`*)

以上。実在の人物、設定にはまったく関係ありません。セリフもまったくの妄想です。
いやあ~、私もこういうデートしたいわ。誰かエスコートするんで、これ付き合ってください。
 

何のことやらよくわからないと思いますが、岡崎で乙女をよそおう午後の会を開催しました。

まずは「実は私…乙女ではなかったの…!」という告白をしておき、「みんなで乙女っぽいポイントを探しながら歩きましょうね」とスタート。

東山駅を出て、白川沿いを歩きます。雨が降っていても美しい景色。
そして、ファースト乙女スポットの三谷稲荷社へ。

2014-05-26−otome01

ここねぇ、ろうそく立ての小窓がハート型なんですぅ。かわいいでしょ?
三谷稲荷社については、以前ブログ記事を書いているので、こちらをどうぞ。

てくてくと、神宮道まで歩きます。
そんなに乙女スポットないじゃな〜い…というところで、もう1か所。
京都府立図書館の前のカツラの木の葉っぱが、やっぱりハート型。乙女はハートに弱いのです。

2014-05-26-otome02 2014−05−26−otome03

梨木神社の「愛の木」みたいな伝説?があればいいのに。

雨もほとんど止んでいたので、平安神宮神苑へ。
『細雪』にも出てくる紅枝垂桜が有名ですが、この初夏の時季もステキなんです。
杜若、花菖蒲、河骨、睡蓮……。
2014-05-26-otome04
 2014-05-26-otome06

2014-05-26-otome07

杜若はそろそろ終わり、河骨や睡蓮が見頃、これから花菖蒲が盛りとなるようです。
しっとりとした美しさです。
そんな平安神宮で、まごうことなき“乙女”を発見!

2014-05-26-otome05


「乙女がいたー!」とか騒いでしまいました。
南神苑の「平安の苑」(たぶん)にありました。
『源氏物語』や『枕草子』などの文学作品に出てくる植物がいっぱいのところです。
探してみてくださいね。


平安神宮を後にして、かわいい雑貨屋さん巡りなどを。
がま口専門店・あやの小路とか。

乙女のイメージって「大正ロマン」みたいなのかなぁ?
「大正ロマン」なあかり屋さんも発見。

2014-05-26-otome07


……書きすぎじゃない?

そうやって、みんなで「乙女」を探しながら歩いて、メインイベントであるアフタヌーンティのお店へ到着。
――そう、この日はこのアフタヌーンティを楽しむために、なりきれない乙女をよそおわんとしていたのです。
これです!(バーン!!!)

2014-05-26-otome08


一見、普通のアフタヌーンティと思うでしょ? 
実は、これ、みーんなお漬物メニューなんです。「つけものアフタヌーンティ」なんです!
お店は京つけもの西利 の平安神宮大鳥居前店。
サンドイッチにお漬物なんて…って思ったけど、これが案外イケるんですヨ!
全国の乙女のみなさんには、ぜひ果敢にチャレンジしていただきたいものです。

その後のは、またゆるゆると気の向くままに歩きました。

初対面の方もいらっしゃいましたが、まるで昔から知ってたかのようになごやかに楽しむことができました。
ご参加のみなさん、ありがとうござました。

(文章をこれ以上乙女っぽくするのは、ムリでした。文体の、限界ッ。あしからず。)

何のことやらよくわからないと思いますが、「岡崎で乙女をよそおう午後の会」を開催します!

アフタヌーンティーを楽しむのをメインに、京都・岡崎を乙女っぽく(?)巡ってみたいと思います。


【岡崎で乙女をよそおう午後の会(略称:岡崎乙女会)
日時:2014年5月26日(月)11:00〜
集合:地下鉄「東山」駅 改札前
ドレスコード:乙女を意識して
参加費:不要(拝観料や飲食代等は必要です)
ルート予定:地下鉄東山駅〜フォトジェニックな京都の川畔〜かわいらしいものを見つけながら歩く〜平安神宮神苑へ〜かわいい雑貨屋さん〜とあるお店でアフタヌーンティー〜かわいい小物屋さん〜東山駅解散 ※あくまで予定です。

参加条件1:乙女をよそおえること。※真に乙女である必要はナシ。乙女の解釈はおまかせ。
参加条件2:うさこじぞうを直接知っているか、twitterで相互フォローしている方。
 参加ご希望の方はご連絡ください。
 

とまぁ、こんな感じで企画してみましたが、ちゃんと見ると何も計画してないことがわかります。
ゆるゆるとお散歩を楽しむ感じでいこうと思っています。
真っ昼間に平安神宮に行くのが暑いかもしれません。暑さ対策は各自で。
アフタヌーンティーがランチとなるかと思います。遅めで軽めになってしまいますので、がっつり食べる系の乙女はどこかで調整してください。あと、岡崎のアフタヌーンティーってあそこのアレだよね、ってわかってる方もお店に着くまでナイショにしておいてくださいね。
だいたい、うさこじぞうが乙女じゃないだろう、という反論はごもっともですので、“乙女をよそおう”という会にしております。
それでは、乙女の方のご参加をひっそりとお待ちしています。(拡散は希望しません)


――乙女に必要なのは、果敢に挑戦する心である。
うさこじぞう
 
 

今年見た桜の写真をぺたぺたと貼っていく。のみ。

本年第一桜。疏水。3月中旬。一本だけ満開。
2014-sakura01

京都国際マンガミュージアム。3月下旬。
2014-sakura02

4月。疏水。
2014-sakura03

嵐山。かけのぼるピンク。
2014-sakura04

映る桜。と空と雲。近代美術館横。
2014-sakura05

水火天満宮。
2014-sakura06

えーと、本法寺…かな。うん、本法寺。
2014-sakura07

西陣聖天こと雨宝院。根元から咲く歓喜桜。聖天さんには大根を捧げます。
2014-sakura08 2014-sakura09

釘抜地蔵さん。
2014-sakura10

地蔵院。五色八重散椿と枝垂れ桜。
2014-sakura11

嵯峨釈迦堂こと清凉寺。花まつり(お釈迦さまの誕生日)。
2014-sakura12

岡崎公園。少し遅咲きの枝垂れ。
2014-sakura13

御室の桜。仁和寺。
2014-sakura14

大原野神社の千眼桜。満開の桜を見ると、願いが叶うとか。
2014-sakura15

どこだろう。まだ残っているぞ、と撮った。
2014-sakura16


京北の常照皇寺にて。御車返しの桜。京都の桜もそろそろ終盤。
2014-sakura17 2014-sakura18

常照皇寺の前の桜。
2014-sakura19

黒田の百年桜。同じく京北。
2014-sakura20

通りすがりの桜。
2014-sakura21

弘法さん(東寺)にて。
2014-sakura21

最後の桜。紅と白。4月下旬。
2014-sakura22

以上。

紅葉真っ盛り、真紅の京都で、芸術に親しんできましたよ。

赤


栖鳳というのは、「京都画壇の父」とかそういうキャッチコピー(?)の竹内栖鳳。
……と来たら、京都市美術館でやってる「竹内栖鳳展」だと思うでしょ?
残念。嵐山なんです。

嵐山の天龍寺塔頭・弘源寺に行ってきました。
虎嘯の庭という嵐山を借景にした枯山水庭園がありました。

画像4画像1

幕末に長州藩士のつけた刀傷なんてのもあって、なかなかおもしろいお寺です。

竹内栖鳳の話に戻ります。
なんでもこのお寺には竹内栖鳳が療養していたそうです。
そして、そのご子息を慰めるために、門下生たちが障壁画などを描いたとか。
栖鳳はじめ、上村松園、横山大観、徳岡神泉、池田遙邨、その辺りの名前が見えました。
可愛らしい絵も多く(ガチョウかわいかった)、何より静かに間近で見られて、よかったですよ。
もちろん規模や解説などいろんなことを考えたら美術館に行くのがいいのでしょうが、ここに栖鳳がいて描いたんだなぁと思いを巡らすのもいいと思いますよ。

画像3

こちらは毘沙門堂のそば。
雨は降っておりましたが、雨にぬれる木々もまたよろしおすな。
毘沙門堂の天井には四季草花図が。花の天井。お参りするときにちょっと上を見ましょう。

天龍寺そのものはもちろんすばらしいのですが、ちょっと寄り道して弘源寺へ、そして宝厳院へもどうぞ。
宝厳院へは近いうちに夜の拝観に行こうかしら、と画策中。
そりゃあ美しいらしい。

それにしても、秋の嵐山、二度目の雨です。
悔しいので、雨だって綺麗だぞ、という写真を。 

画像7

雨もなほ。ですよ。
 

くるっぽー!こんにちは!
こちらの方は、三宅八幡宮の神の使い、鳩です。でも1羽しかいませんでした。
20131014鳩

くるっぽー!! 三宅八幡宮は狛犬じゃなくて狛鳩だよ!
20131014狛鳩

くるっぽー! 鳩みくじ? 灯籠に並んでるよ。
20131014鳩灯籠


くるっぽくるっぽー! 境内の茶屋では…
201431014鳩屋


20131014鳩餅

名物「鳩もち」がいただけます。くるっぽー、くるっぽー、くるっぽー!!!

このページのトップヘ