どっか行った時のメモシリーズ。学校歴史博物館編。
(学校歴史博物館に行った時の様子自体は
こちら

というか、学校歴史博物館についてのメモではなくて、「歯みがき体操」と「清潔検査」のメモである。それも、何かの資料に載っていそうなので、そのメモである。


歯みがき体操『精神薄弱児の生活指導』1936『忘れられた子等』右の上、ハイー
せいけつけんさ『たんぽぽ学級』1953、嵯峨小学校
 

どっちも、私の小学校で行われていたことである。えっと、私いくつだよ、ってなるか?

「歯みがき体操」は、給食の後でみんなで音楽と掛け声に合わせて歯みがきするのである。各自歯みがき用のコップと歯ブラシが専用棚に掛けられていた。歯磨き粉はナシ。
ラジオ体操の歯みがき版みたいな感じだったかな。歯の表、左上、からスタートします。なので、私も、同じ小学校出身の友人も、だいたい同じような順番で歯を磨きます。兄弟はどうだろうなぁ…。

「清潔検査(せいけつけんさ)」は毎週月曜日に検査されます。
前髪は眉にかかってはいけない、とか、爪は伸びすぎていないか、とかハンカチ・ティッシュは忘れていないか、とかをチェック表に付けられていた記憶です。保健委員やってた時期があるので、検査する側だったこともあるかも。あれ、隣の人と確認し合うんだったかも。
未だに前髪が眉より下まで伸びてくると気になるし、爪も伸びると気になります。
後ろ髪が肩に付くのもアウトだったけど、それは気にならない。

特に「歯みがき体操」は、以前に何かに載ってないかと調べていたこともあったので、ひょんなところで見つかってうれしいというかなんというか。
というか、今調べたらYouTubeに音源もありました。ちょっと違う気もするけど、だいたいこんな感じ。



こんなんもあったり。
歯みがき体操の記録保存(ライオン)

「歯磨き体操」が分かる方いますか? : 生活・身近な話題 : 発言小町 : 大手小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)