ついに、ついに、サガン鳥栖が、J1に昇格しました!! ……という記事を書きかけて下書きに保存したのは、そう、かれこれ4か月ほど前のことでしょうか。 もう、あの時のドキドキわくわくハラハラ感も薄れました。 すっかり2012年のJ1シーズンが始まってしまいました。 昨年の11月頃は、昇格するかも?!、とうとう昇格…しちゃう?!、ホントに?、やっぱり鳥栖じゃムリなんじゃない?、あかんかった時のために期待しすぎないようにしよう、とかいろんなことを考える日々でした。 土日の試合のたんびにTwitterで速報を確認していました。 秋になったばっかりの頃は、そんなはずあるわけない、と思っていましたが、一戦一戦だんだんと昇格が現実味を帯びてくると、上記のような妙な精神状態になりました。 とはいえ、私はがっつり鳥栖サポーター!…なわけではありません。 ちょっと地元のチームが気になるわ…ぐらいのスタンスで、飼い主の方がよっぽど結果を気にしてくれていました。 でもでも、私が最初に見に行ったサッカーの試合は、「PJMフューチャーズvs鹿島アントラーズ」でした。 佐賀にサッカーチームを!という掛け声(があったのかどうかよく覚えていませんが)のもとに、当時のPJMフューチャーズを誘致しよう、ということでアントラーズを迎えてのゲームでした。 「ジーコが、ウーゴ・マラドーナが、やってくる」って宣伝してたのを覚えています。 そんなこんなで熱心なのか冷めているのか微妙な熱のいれようで、ゆるゆると鳥栖を応援しています。 そしてそして、ついについに、わが家にもスカパーが導入されました。 記念すべき初テレビ観戦は、ナビスコカップ、川崎フロンターレ戦でした。 よっしゃ、先制点! 36a7fc44.jpg ん?試合…終了? おお、追加点! 17814cb8.jpg …あれ? 0-2? J1昇格後の初勝利の鳥栖に、スカパーが混乱していたのでしょうか。 ともあれ、長い長いシーズンをひとつひとつ楽しませてもらおうと思います。 ゆるく応援します。 合言葉「“サガン鳥栖”の発音は“ユベントス”と同じで!」