「あの11日」から、9回めの11日。
未だ癒えない悲しみや辛さ、先の見えない困難さ、いろいろあります。
こんな遠いところから、私ごときが何を言うんだ、という感じかもしれませんが。

そんな中で「いい字の日」12月12日、今年の漢字が「絆」に決まりました。
「絆」だなんてちゃんちゃらおかしい、というような意見もありますが、それすらも「絆」の大切さを感じている、ということの裏返しではないのでしょうか。
それに、みんながみんな、忘れてるわけじゃない。思いやれないわけじゃない。
京都のフツウのおばちゃんたちとお話してて、みんなけっこうちゃんと考えているのね(失礼)、と思いました。
みんながそれぞれいろいろ考えてて、ネットで見られる意見ばっかりじゃなくって、意外にデマにも流されず、落ち着いて気持ちを向けている、……そんな印象でした。さすが年の功、かな。

被災された方々の気持ちが、よその奴らにわかるわけない、と言われたらその通り。
「私の気持ちなんて誰にもわからない」?
そりゃあ、誰にも他の人の気持ちなんてわからないんだから。
でも、だから、わからないから、「わかろうとする」んだと思うんです。私はそう思っています。いつもね。

今、東北では「自立支援」「復興支援」ということで物資の支援をあまり受けなくなってきているそうです。無料でモノを配る支援は、地元の経済を阻害する、自立復興を妨げる、という理由だそうです。
一方で、仮設住宅に入れない自宅避難の方々には、物資がまわらないそうです。さらには、「家があるのになぜもらいに来るの」という周りの目があるそうです。
いろんな問題や課題が山積で、それこそ私ごときではなにもできない。
でも、そこを考えていたら動けない。大きな問題は専門家に任せよう。政治家に行政にがんばってもらおう。批判や指摘はいいと思うけど、揚げ足とって邪魔しないようにしたい。
小さなことしかできないなら小さなことをしよう。
3月にも思ってたことを、今もやろう。
3月にたくさん募金した人、今はもうしてない? ちょっとずつでもいいからやってみる? →「おつり募金」
荷物はクロネコヤマトで出す。→「宅急便ひとつに、希望をひとつ入れて」
毛糸や手芸用品を送って、現地ワークショップの支援。→たくさんあってどれを紹介してよいのやら。
私は主にTwit for Youを使って、ナニかをしています。
周りに協力を頼むこともあるけれど、基本は個人だからちいさくしか動けなくて……。
今は、かわいい元気の出るグッズ(あったか品や日用品など)を集めて送ろうかと思っています。
ご賛同ご協力ご激励いただける方がいてくださるとうれしいです。でも、ひとりでもやる。


どうしても、センセーショナルでネガティブな話題や物言いの方が広がりやすいようです。
「光の方向を向いていよう」 と、ほぼ日のイトイさんが言ってます。
いい言葉だなぁ、と思って、私も光の方向を、温かい方向を向きたいなぁと思います。
「がんばろう」や「絆」が薄っぺらいと思われているのなら、そう思われないようにしたらいいと思う。 そんな今日この頃です。