カッコよく言えば、「ブレスレットとマクロビ」でもいいと思う。
でも、敢えて「念珠と精進」で……。

アノ3月11日から、4か月。
忘れることなんてできないけれど、最初の気持ちを持ち続けるのが難しくなっていくのも、悲しいかな事実だと思う。
それで、これまでにも書いた支援面以外でやっていることが、「念珠」と「精進」。

それまでも時々つけていた念珠(=数珠)を、毎日つけるようにしました。言うなれば喪章代わりです。 チャリティマッチの時に、サッカー選手がつけていたように。ゴールを決めて、喪章をかざすような場面は私にはないけれども。
でも、いつも見える場所につけて、常に「なぜつけているか」を心に留め置こうと思ったのです。

「精進」は思いついたのが先月なので、まだ2回めです。
毎月11日(か前後の日)に、動物を食べない=精進をしよう、と決めました。
そもそもは毎月5日のおばあちゃんの月命日にやっていた(時々忘れていた)のですが、あまりに多くの人の命が失われた11日も、同じように追悼の日、思い出す日、という意味で精進の日にすることにしました。
精進にしたからって何になるの、と思いもありますが、命を見つめる日、ということで自分の中では納得しています。(自分で決めたことに納得も何もないのですが)
できればちゃんと習慣化して、長く長く続けていこうと思います。

思いを、心を、寄り添わせること。
物的な支援もですが、こちらも大事…そして難しい。そう思う4か月めの今日、7月11日でした。