自分の参加した震災支援、ずっと書こうかどうか迷っていました。 なんとなく、自分から寄付金の額を公表することのような気がして。でもまぁこのブログもどうせ自分の記録であることだし、この時期にどう行動したか残しておきたいと思って、記しておこうと。 16年前、1995年1月17日、関西に来て1年経たないうちに阪神・淡路大震災が起こりました。大きく揺れたこと、寮の電話が鳴りっぱなしだったこと、寮のみんなといろいろしゃべったこと、友人がボランティアに参加したこと、神戸の友人の家に遊びにいく計画はもちろんぽしゃったこと(連絡さえつかなかった)、山陰線回りの夜行列車に乗って九州まで帰ったこと、……いろいろ思い出せるようでいて、意外と覚えていることが少ないのです。 実家に帰って、私は何をしていたのだろう。ぼんやり過ごしていただけなのかな。今思うと、そんなにヒマだったらボランティアに参加してたらよかったんだろうなぁ。 前置きはおいといて、メモ(4/27時点)。 【実行済み/継続中】 ・義援金(職場から、イベントから、町内会から、通販生活から、など) 忘れないように、小分けにして、毎月どこからか出したい。 ・物資支援(環境共育事務所カラーズさん経由) 周りの人に声をかけて、京町家さいりん館室町二条に物資を持っていきました。私が出したのは、非常用ご飯、タオル、簡易トイレなど。友人からは水と生理用品と歯ブラシなどを託されました。 ・購入支援(福島から農産物購入) JA新ふくしまから野菜等(がんばるぱっく)購入。こんなことで支援になるのなら、いくらでも。 【検討中/これから】 ・化粧と花の支援プロジェクト ご遺体に添える花を折り紙で。その他、化粧品などの支援。 折り紙はユリを折ろうとしているけれど難しい。みんなでたくさん折って送りたいと思って周りに紹介はしたけれど……。ひとまず時間があまりない。ウェットティッシュとかがあるから送ろう。 ・被災地に絵本やマンガ、文庫を送ろう たくさん窓口がありすぎて、どこに送ろうとか迷っている場合じゃない。どこでもいいから持って行ったらいいのよね。まずは大垣書店にでも。 【できなかったこと/できてないこと】 ・被災地の子どもたちに贈るスクールバッグ 作るのへたくそなので、周りに紹介のみ。手芸が得意な友人が作ってくれた…と思う。 ・被災地へ行く。 GWというものがないから難しいかなぁ。でも、やりくりすれば1週間ぐらい休めるだろうし、私がいなきゃ困る仕事なんてひとっつもないし。あとは度胸、か? 16年前との違いはネットの情報。 ネットがデマを流してる、なんて言うけれど、デマを流すのは人ですよ。ネットじゃなくても口コミで伝わってるんだから。ネットだと広く速く伝わるかもしれないけれど。 いい情報もいっぱい伝わってきます。 私が教えてもらったことを、私も周囲の人たちに(ウザイくらいに)伝えていきたいです。たぶんすでに職場でうっとうしがられてる……。 偽善、と呼ぶなら呼べばいい。私は前から言ってたじゃないか。わざわざ悪ぶって悪いことするくらいなら、偽善でいいって。 ということで、偽善者ぶったブログ、これからも続けます。