私と浅田真央選手(以下、敬称略)を比べてはいけないのだけど、昨日の涙にはあまりにもキてしまった。

やっぱり、何と言っても浅田真央がすごいのは、アクセルジャンパーであるということ。
今、女子でトリプルアクセルを跳ぶのは浅田真央だけである。
前へ向かって踏み切るのは難しい。
トリプルアクセルは、1回でも難しいのに、ショート1回、フリー2回、挑戦した。
そして、決めた。

オリンピックに出られる幸せ、それもかみしめているように思った。

ライバルは会心・完璧の演技をしており、自分にはミスがあった。
その差が、金と銀のメダルの差。
もちろん、出るからには金メダルをとりにいく。
それに向けてずっと努力してきた。
だけど、敗れた。
誰が何と言おうと、悔しくて、涙がこぼれる。
浅田真央のあんな涙は見たことない気がした。

今年、採用試験が行われたこと。年齢制限が上がって自分も受けられたこと。もうないと思っていたチャンスが巡ってきたこと。やる前から諦めないようにしようと思ったこと。“前へ”踏み切ったこと。二次試験まで進めたこと。ほしかった“金メダル”がとれなかったこと。今まで、自分のことは棚に上げて人のせいにばっかりしてたこと。単に自分の力が及ばなかったというだけのこと。周りの人がたくさん応援してくれたこと。スポーツ選手の言う、応援が力になる、なんて今までキレイゴトだと思っていたこと。浅田真央が4年後のソチオリンピックを目指します、と言った強さ。と、それを言わざるを得ない過酷さ。私に次があるのかどうか。ルートを変えるべきなのか。ゴールを変えるべきなのか。前に向かって飛びたいのだけれども……

……ひと晩たったらもう少し落ち着くかと思ったけど、まだうまくまとまりません。
ただいま、鈴木明子の眼球が似合うくらいのまぶたとなっております。

私の好きな言葉でもメモしておきましょう。
「挫折はチャンス!」(貴船の道ばたに貼ってあった)
「倒れるときも前のめりに」(?)
「努力した者がすべて報われるとは限らん しかし!成功した者はすべからく努力しておる!!」(「はじめの一歩」の鴨川会長)
「俺は現場でがんばるから、あんたは上に言って組織を変えてくれ」(踊る大捜査線)

さあ、私の明日は、どっちを向いている?!

(作文タイトル:オリンピック、主にフィギュアと私の採用試験)