今回のこのお話は、女性限定です。
できれば、男性の方は読むのをご遠慮ください。
どうせ役に立たない話ですし。

あなたは女性ですか?
では、続きをどうぞ。

もう使い始めて数か月経ちますが、私、布ナプキンを使っております。

←こんなの。

買うのに半年ぐらい悩んで(単にタイミングをつかめなかっただけですが)、ようやく試しに買ってみたのが…もう半年ぐらい前? え、もうそんな経つ?
いろんな理由がありましたが、やはり、「使い捨てでない」というのが決め手でした。
地球やら自分やら肌やら財布やら、いろんなモノにやさしいのが布ナプキンってヤツのようです。くわしくは、布ナプキン.comで。

買う前は確かに、洗うのがちょっとめんどくさい気がしました。
が。古~い友人なら知っているとは思いますが、私は子どもの頃から下着を自分で手洗いする習慣があるので、それを考えたらできるかも、と思いました。
数か月使ってみてようやくリズムに慣れてきましたが、浸け置きしておいたらけっこうあっさりさっぱりすっきり落とせます。
調子に乗って、ホーローのバケツも買いました。

これを使うと、まるでレアチーズケーキにベリーのソース…とどこかに書いてありましたが、さすがにそう思えるほどの境地には至っておりません。

これで生理痛が少しマシになれば、買ってみて大正解!!ということになりますが、そこまで劇的に変わった印象はありません。
どうせそれは副次的な狙いであり、買いに行く手間と使い捨てのムダを省くことが最大の目的なのです。
この、「買いに行かなくてもいい」っていうのも結構大きいです。金額じゃなくて。

フツウのケミカルナプキンのよさもあると思います。
ただ、こういう選択肢がある、っていうのはいいことだと思います。
昔の人ってどうしてたんだろう、大変だったろうなぁ、と思います。
私たちは、便利な布を選んでもいい時代にいるんですね。

とにかくこういうことなので、急に「アレ持ってる?」とか言われても私は対応できませんので(さすがに貸せないし)、それだけが問題です。
しかし、オトナになってからそういう会話はめっきりしなくなったなぁ。