昼まで用事のないのんびりした休日。朝7時ぐらいに目を覚ましたが、当然のように再び眠りについた。9時半ぐらいに起きればいいかぁ。晴れてるし洗濯もできるなぁ。さ、もうひと眠りしよう。

……ふと、目が覚めた。まだ寝てていいんじゃないかなぁ、何時だろう。時計を探す。あれ、時計がない、どこだろう。

……がばっ。あ、何だ、夢かぁ。夢の中で目が覚める夢かぁ。相変わらず変な夢を見るなぁ。で、何時だろう。時計はどこかな? あれ? 部屋の中の時計がおかしい。小さな目覚まし時計2つ、ビデオの時計、携帯電話の時計、掛け時計……、いくつもいくつもある時計が全て違う時刻を指している。え、何で何で?

……ここで目が覚める。何だ、また夢か。そろそろ起きて洗濯する時間かな? 時計を見る。時計の針は午後1時をとっくに過ぎている。え、嘘?

……嘘だった。また夢だ。今度こそ起きて時計を探す。が、また見あたらない。部屋の外に出れば時計ぐらいどこかにあるだろう。誰かに聞いてもいい。近くに人が集まっている。よし、あの中の誰かに時間を聞こう。そばに寄る。しかし、「こっちに来ないでくれ」と追い払われる。私は、今が何時なのか知りたいだけなのに。釈然としないものを感じながら自分の部屋に戻る。

……目が覚める。何だ、また夢か。確かにおかしいもんな。しかし、よく続く夢だよなぁ。面白い夢だし、誰かに話そう。忘れる前にメモを取ろう。えーっと、夢の中の夢、いったいいくつ見たんだっけ。ひぃ、ふぅ、みぃ、……。あ、そういや、今何時だろう。時計を探す。

……目が覚める。おかしい。いくらなんでも続きすぎだ。今度はちゃんと目が覚めているはずだ。今までのは夢だけど、今度は現実。しっかり目が覚めているはず。マンガみたいに頬をつねってみるか? 上体を起こす。自分の体を触ってみる。ぽんぽん。うん、確かに感触がある。起きている。

……しかし、そう現実は甘くない。いや、夢は甘くない。しっかりと起きたことを確認しても、そのことが夢だったのである。今は起きている。さっきも確認した。でも夢だった。夢だった、と考えているということは、夢を見ていたのが寝ている時で、今は目が覚めて起きているから考えられるんだ。そのはずだ。私は目を覚ましている。夢から覚めている。これは現実だ。

……という夢を見ていた。勘弁してくれ。私は目を覚ましたい。また夢だったなんて。やめてくれ。これも夢なのか? そうなのか? そうなんだな? いい加減、起きさせてくれ。

…………。

……がばっ。はぁ、はぁ。今度こそ、起きた。はぁー、怖かった。長い…長い夢だったなぁ。ぽんぽん…。両手で体を叩いてみる。夢の中でも確認したな。でも、今度は確実だ。たぶん。そうだ、時計。ほっ、全部同じ時刻、8時40分を指している。夢の中に出てきた、掛け時計は私の部屋にはない。寝る前と何ら変わらない自分の部屋だ。

よかった。夢じゃない。今度こそ、確かに現実だ。

あれからずっと夢を見続けているのでない限り――。

この作品はだいたいノンフィクションです。

(2003/11/1)