ぶつぶつノート ~ごはんおかわり~

たとえアイコンがうさぎになろうとも、ヒト型ネコはゆずらないっ!
ごはんおかわり! お茶も!
あ、ぶぶ漬けでもどうですか?

友人とライブの話をしてたら、私の行くのだけ、だいぶ違うんじゃないか、という気がした。
少なくともグッズ、おかしい?

とりあえず、今回のチケット(チケットだってたいがいおかしい)と、エンジンさん。
エンジンさんは昨年の弾き語りツアー「弾き語りばったり #19 今ここでエンジンさえかかれば」のキャラクター?グッズです。さる年ってことで今回のライブでも売られていました。
2016-04-10-17-05-14


グッズ売り場にて。右が私の購入分
「お歌詞めくり」は週めくりのカレンダー(歌詞付き)ですが、これ、2017年のなんですよね。
2016-04-10-17-46-25

 とりあえず今年のカレンダーどうすンのよッ!ってことで、わが家ではこのようになっております。
じゃんッ!

image
 
2013年分から3年分を縦に並べています。2017年のは2017年に使いますよ。

定番になっている素数トランプ。「クラシック」と「スペリオール」があります。
2016-04-10-17-47-27
もちろん購入済みなのですが、なかなか使用できません。
何に遊ぶのが楽しいでしょうねぇ。「7ならべ」(7に当たるのが何なのか…)「スピード」とかでしょうか。
なお、本来「1」は素数に入らないんだけど、そこは目をつぶる。

今回のライブグッズの目玉? 「ダジャレかるた」
2016-04-10-17-56-16
かるたブームの火付け役とかナントカかんとか言ってますね。
まずは絵札だけを見て、なんのダジャレか考えるという游びができます。
かるたで遊ぶのはまだ相当先のようです。
 
そういえば、「おてろやん」という画期的なオセロ系ゲームもあるのですが、未使用です。
遊びたいのはヤマヤマなんですが…。 
ゲーム系、付き合ってくれる人、いつでも募集中です。 
もれなくライブDVD見せますよ!  
 

備忘録として。

免許の更新時期が来た。
もうずっとハガキが来たら更新に行くだけのスーパー・ゴールデン・ペーパー・ドライバー(S・G・P・D)である。
どれくらい運転していないかというと、10数年、少なくとも結婚してからは乗っていない。
その前に乗ったのは、おそらく、今の職場で働き出してすぐぐらいなので…15年ぐらい前…と記憶している。実家でちょろっと運転しただけ。同乗した兄に「寿命が縮まった」と言われた。
さらにその前というと、さらに5年ほどさかのぼり(もちろんちょろっと運転しただけ)、後は免許取り立ての時期までさかのぼっておしまい。
それぐらい、運転していないし、たぶん下手くそである。

今後、私が運転することはないと思う。何をどうしたら私が運転することになるのかわからない。
正直、京都にいれば交通機関でなんとかなると思っている。実家に帰ったら誰かが運転してくれる。
介護のことを考えたら、私も運転できたほうがいいかもしれないが、たぶん、私が運転できる必要がある時って、最後の最後みたいな手段で、きっと誰も乗らないぞ。
免許があるから、いざというときには自分が運転しなきゃ、って気になっちゃうんであって、返納しちゃえばそれもないんじゃないか。
みんなのため、社会のため、私は運転しない方がいいと自覚している。
なので、免許を返納しようかと思った。

飼い主とも相談した。「ま、いいんじゃない?」

ということで、インターネッツ(主に京都府警サイト)で調べて、必要書類を持って(ちょっと勘違いして、区役所で住民票の写しまで取って)、所轄警察署へ赴く。
更新期限日まで、残る猶予(平日の休み)は2日しかない。
が、ここで対応してくれた署員さんに正直イラついた。
なんらかのweb会員を退会するときのメッセージ並だった。Windows10の強制アップデートの逆を行く感じでもある。
「返納して経歴証明書にしたいんですが」
「どうして返納するんですか?」
「明日乗りたいと思ってももう乗れませんよ?」「わかってます(ていうか乗らないよ)」
「身分証明書にもなりますし」「はい」(高い身分証明書だなぁ)
「運転経歴証明書は一生使える身分証になりませんよ」「はい」(ネットと言ってることが違う)
「大きな買い物もできませんし」「はい」(しないけど)
「身分証として持っておられたら」(じゃあ免許持ってない人はどうするの)
正直なところ、受けたすべての質問の内容については、しっかり考えてきてからのことだったのですが、心身ともに疲れている時に行ったもので、途中で
「じゃあいいです、更新しますっ!すりゃあいいんでしょっ!」「はーいはーいゴメンナサイ」
みたいな感じで出てきてしまった。
機械的に「はい、はい」言うて書類書いてくりゃよかった。

かくして、世間のGWの谷間の平日に電車とバスを乗り継いで運転免許試験場まで行くハメになった。

これは、当日のメモの一部。9:30までに受付しなきゃいけない、というのに8:00頃気づいた。
8:20出発828駅発→9:20試験場到着→1005受付→協力金はほぼ問答無用で払わされる→1035適性検査→1040暗証番号→外の列→1048写真撮影→1052講習会場→1120〜1150講習・交付→1156バス乗車
そもそも、京都の運転免許試験場は不便なところにある。家から1時間かけて到着。
人が多すぎて、試験場に到着して列の最後尾に並んでから最初の受付までたどり着くのに45分かかっている。その後も適性検査まで30分近くかかっている。
なんでか、前回もそうだったけど、更新に来るときは腰が痛く、立って列に並ぶのがツラい。
いっとき、任意を強調してくれてた時期もあったはずの協力金も問答無用だったので、さらに腹が立った。なんせ、イライラの原因だったあの警察署にお金が行くのだ。
講習は、おもしろくなかった。講師がおもしろいことを言ってるつもりだったのがまたおもしろくなかった。役に立ったという印象もない。


ふぅ。これだけ記録しておけば、5年後には「今度こそ返納してやる」って気持ちになるんじゃないかな。

今年見た桜の写真をぺたぺた貼っていくだけ。2016年版。

3月下旬、伏見にて。花見はきもので。
さくら柄のきものに伏見の水をイメージした帯。ということになっている。
2016さくら1


3月下旬。ソメイヨシノの開花宣言の次の日ぐらい。
京都御苑の近衛邸跡の糸桜。
2016さくら2


4月初旬、植藤造園。つまり桜守・佐野藤右衛門さんのとこの桜。
2016さくら3

そのすぐそばの京都平安郷という世界救世教の敷地。
2016さくら4


(この間に、ひとつ年をとった)

雨の後。名もないスペース。
名もない場所だから、踏まれていない。
2016さくら5


上賀茂神社の「斎王桜」。
斎王の、皇女の品格がある。といっておこう。
2016さくら6
今年は桜が早かったので、ギリ4月上旬では残っているところが少ないくらいだった。

遅咲きといえば、平安神宮の紅枝垂れ桜。だが、遅すぎた感。4月中旬。
水に映る桜がいちばんきれいだった。
2016さくら7


哲学の道の疏水が桜の川になっていると聞きつけて。
2016さくら8


原谷苑。遅咲きの桜の園。
2016さくら9

2016さくら10
数年来の念願だった原谷苑に絶好のタイミングで行けた。
同行した人が
「ヤバい、幸せだ」
と言った。
それを聞いて私も幸せになった。

ほかにもたくさん見たし、撮ったけど、以上。

関連のありそうな記事:さくらフィーバー2014

何を書いても、ネタバレになる……!

+++++

オープニングで、いきなり、涙を流しそうになった。いや、泣いた。
そんなことは今までなかった。
楽しく笑っていたはずなのに、ふと、気がついたら涙がこみあげてきた。

「ご自由に」といいながら、実は相当に緻密なステージング。
 いや、発想そのものはホントに自由すぎる。
本当にシンガーソングライターの音楽ライブだろうか、と思うほどに。
しかし、集まった人たちを楽しませるために、全力で構成を考え、ネタを仕込み、パフォーマンスする。
「自由」であることを表現するために、細かく細かく練りこまれているような。そんな印象。

新しい試みは、成功だったと思う。
確かに、伝わった。その伝えたかったメッセージは。

KANさんのライブのひとつの目玉として、全曲つなげというのがある。
その日演奏した曲目をちょっとずつつなげて、演奏するのだ。
と、文字で書いても雰囲気は伝わらない。(というか、ライブの雰囲気そのものが伝わる気がしないけど)
ここんとこのアレは以前にましてスゴイのですが、今回のは圧巻といいますかなんと言いますか、すばらしかったです。

KANさんの音楽は、あっちに行ったりこっちに行ったり。
ライブになると、予想の斜め上というか、どの方向からナニがやって来るかわからない。
わかりやすそうでわからないような、届きそうで届かなそうな、触れるかと思ったらどこかへ行き、あっちで笑わせたと思ったらこっちで泣かせ…ぽわんぽわんといろんなところではずんでいます。
つかみどころがないようで、こっちはがっしりつかまれていて…。

 爆笑しながら もう片方で涙ぐんでる(参考:「安息」)

 どんなライブと問われたら 迷わずにこう言える
 最低です!(でも)最高です!(参考:「ロックンロールに絆されて」)

そんなライブ、参加できて幸せでした。
KANさんのファンでよかった……!

+++++

KANさんのBAND LIVE TOUR 2016「ロック☆ご自由に♪」が絶賛開催中です。
初日は抽選ハズレたので、2日め大阪に行ってきました。
ネタバレのないように注意しながらの、感想のようなメモでした。

このページのトップヘ