ぶつぶつノート ~ごはんおかわり~

たとえアイコンがうさぎになろうとも、ヒト型ネコはゆずらないっ!
ごはんおかわり! お茶も!
あ、ぶぶ漬けでもどうですか?

すっっっごくよかったです、「新白鳥の湖」!

ロームシアターで行われた、松山バレエ団の「新白鳥の湖」を鑑賞してきました。 
稲盛財団が4,800人を無料招待。なんと、4万件(7万人)応募の応募があったとか。
いつかは見たいと思っていたバレエ、それも「白鳥の湖」、しかも松山バレエ団、さらには森下洋子!(これぐらいは私でも知っている)
もちろんダメ元中のダメ元のつもりで応募したところ、当選してしまいました。

バレエマンガ等(等っていうか、全てマンガ)で多少は知っているものの、私が読んだ範囲のバレエマンガでは白鳥の湖全部のストーリーが描かれているものはありませんでした。
なので、事前にロームシアター近くの図書館のバレエコーナーで参考資料借りて予習しておきました。

座席は、4階の袖。まぁ、正直はしっこですみっこの方です。
でも、オーケストラピットも見える、コールド(群舞)の隊形も見える。
白鳥が白鳥の型に並んだりしてたのも見えた。
 
舞台装置はホントに豪華! あんなに豪華なものだとは思わなかった。
あと、門を動かすのでも、演技・ダンスとして動かすのがよかった。

魔王ロットバルトかっこいい。マジ悪魔。マジ鳥。(終演直後に書いたメモより)

ダンサーによるひとつひとつの動きもすごいけど、動かないのもすごい!
正直、技術的なよしあしや上手下手はわからないです。
わからないなりにすごいと思うダンスはいっぱいありました。
で、「動かない」というダンスに感激してしまいました。
白鳥がね、じっと動かないんですよ。
オデットが踊っている横で、並んでる白鳥が、ピタッと止まってて。
これは、「動かない」演技なんだろうなぁ、と思っていました。 

森下洋子さんのダンス・演技はもちろんすばらしかった。
67歳の森下さんが、可憐なオデットに見えたり、魅惑的なオディールに見えたりしました。
黒鳥オディールの32回ぐらい大回転もちゃんと見ました。
ちなみに、「あ、回転しそう」と思ったところでは毎回「ここか?」と思って数えてました。ちゃんと32回ぐらい回ってはりました。

2016-08-18-SwanLake1


で、実はこれまでオデット、オディール、ジークフリード、ロットバルト、4羽の白鳥ぐらいしか知らなかったんです。
でも、もっとたくさんの登場人物がいて、みんながそれぞれの役の人生を演じているんだな、と感じました。
全員でひとつのストーリーをつくり上げるのは当然なのですが、全ての役にちゃんとストーリーがある、といいますか。
たとえば、中央のスペースでソリストたちが踊ってる時、舞台の奥や脇の方にいるダンサーたちは、それを「ただ見る」ことはしない。女王さまは女王さま風に。公爵は公爵として。その隣にいる子は話しかけたり驚いたり感心したりの演技(のダンス)をしている。
よいなぁ、これ……。 
そして、きっとあそこにいるダンサー1人ひとりにもあの舞台に立つまでのストーリーがあるんだろうなぁ…などと考えつつ見つめていました。

まだまだいっぱい書きたいのですが、ホントにバレエよかった。
機会があればまた見たい。
いいもの見させてもらいました。
松山バレエ団の皆さま、稲盛財団さん、ありがとうございました。

2016-08-18SwanLake2
 

大河ドラマ「真田丸」がおもしろい。
そもそも、脚本・三谷幸喜ですから、三谷好きとしては当然見るでしょう、と。
「平清盛」以来のハマりっぷりです。

ちなみに、清盛の時に書いた記事が、これ。
大河の清盛とONE PIECE 
かつてこんなこと書いておいてなんですが、「平清盛」と「ONE PIECE」の最も大きな違いは、「最後までカルト的な人気でメジャーになれなかった作品」と、「超メジャーな大人気作品」というところですかね。

さて、「真田丸」に私が感じるおもしろさは何だろう、とまた考えてみました。
・メインキャラも脇キャラも個性的、キャラが立っている
・笑わせられたり泣かせられたり
・過去の作品へのオマージュ(隠しネタ)
・しっかりした設定、史実とネタのバランス
・見事な伏線回収
考えてたら、あまり「平清盛」とあまり変わらなかったり。
けっきょくは自分が「おもしろい」と思うポイントって同じですからね。


で、「真田丸」見てたら「バクマン。」を思い出したんですよ。
マンガを描くマンガ「バクマン。」の後半で、“シリアスな笑い”というのがテーマになるんですよ。
三谷幸喜は、そういうのがうまいんです。真面目にやってるのがおかしい、とか。
泣ける場面なのに笑えてくる、とか。

あと、“邪道な王道バトル”ってところとか。
戦国時代を舞台にして、真田幸村が主人公なんて、弱小が強くなっていくあるいは強大な敵と戦う王道モノでしょう。
でも、いわゆるバトル(合戦)シーンとかはあまり多くなくって、頭使って、精神的なバトルして、なんとか切り抜けていくようなことの方が多いような。
そういうののほうが好きってことです。
 
1人の作っている作品ではない大河ドラマなのに、
邪道→王道→ギャグ(コケる)→邪道バトル→邪道かつ王道バトル
みたいな流れになった「バクマン。」のようだと思えなくもないなぁ、など。
あ、いつだったかの大河がギャグだったとかは言ってませんし、見てません。
そして、やっぱり私は邪道も好きなんだよなぁ…と思うだけ。

あ、「真田丸」でいいなぁ、と思うのは過去の大河ドラマであったり同様のモチーフ作品であったり、それらのセリフやキャストをうまく組み入れているところもあると思います。
それもただかつての名作のセリフを持ってきただけじゃなくって、ちゃんと今作の流れとしてがっちりハマっているところ。 
もとの何かを分析・研究・分解して再構成して自分の作品にする、というような手法が最近私の気になるところであり、私の好きなのってそういうのが多いなぁ、と思う次第です。

そして、今回こそ、関ヶ原では西軍に勝ってほしいし、大坂の陣では豊臣方が勝つんじゃないかなぁ、なんて思っています。

文豪による『カップ焼きそばの作り方』シリーズが秀逸すぎるw - NAVER まとめ 

こういうのが流行ったので、おもしろいなぁと見ておりまして、でも自分でやるには誰の文体だったらわかるか、あるいは自分でやるために文体研究するなら誰ならできるか、と思ったらやっぱりKANちゃんしかいなかったわけです。

となって、1週間ほどがんばって作ったのがこちら。


2016-05-31-16-36-05
2016-05-31-16-38-50
2016-05-31-16-36-24
2016-05-31-16-36-47


と、こんな感じです。
そもそも、KANさんの作風のひとつに、敬愛する他者の作品を研究・分析・分解・再構成して自分の作品とする手法がありますので、私もそれを模倣しました。
単にKANさんの歌詞の一部を切り貼りしたり、既出ダジャレを組み合わせるだけではいけない、と感じました。
そしてなおかつ「カップ焼きそばの作り方」にしなくてはならない。なかなかムズカシイ。

では解説。
まず、金コラというのは、KANさん公式サイトの【金曜コラム】のことです。金コラのナンバーとタイトルの書き方なども確認しました。
冒頭に、実際に更新が滞りがちであることに対する言い訳とお詫びを、ダジャレを挟みつつ展開したのは、金コラを楽しみに待っていますという私の気持ちの表れでもあります。
「お久しブリジット・ニールセン」は、これまでのKANさんのダジャレにはなかったと思いますが、「ブリ〜」で始まる人をGoogle先生に尋ねたら、北欧美女と書かれているこの方を見つけたので、即採用しました。顔が好みかどうかは知りません。
また、たぶんKANさんはカップ焼きそばを食べないと思うのです。それを何とか作る方向へ持っていくことが「作り方」で大事なポイントだと考えました。解決策はきゃりーちゃん。
「欧州製高級湯沸しケトル」はデロンギ(伊)とかティファール(仏)のイメージです。
「いよいよいよいよ松本いよ」「いなめなめなめなめなめない」などは、もはや定番。
「あっという真野恵里菜(アップフロント所属)」は最初「あっという真野響子」にしようと思ったけれど、真野恵里菜ちゃんの方が同じグループ事務所の子だし、曲も作ったりしてたし、こういうところで所属名入れそうだし、真野ちゃんにしました。
マヨネーズは絶対かけないはずなので、ここはしっかり書きました。
「〜デストロイマーチ」は「デストロイヤー」でもよかったのですが、予測変換が「デストロイマーチ」をサジェストしたのでこうなりました。
最後の「ディフィカルトクイズ」もKANさんファンではおなじみ。オチを付けるのがむずかしく、唐突な感じになりましたが、この唐突さもKANさんだったらありそうだと思いました。

そして、もう一作。

 2016-05-31-15-19-23
2016-05-31-15-19-32
2016-05-31-15-28-40
2016-05-31-15-39-17


こちらは、「かんしゃん」の書く「かわいいブログ」風の文章です。
とにかく、あまり多くを語ってはいけないな、と思いました。これでも語りすぎたぐらい。内容は少なめ、改行マシマシ。
レコディン(レコーディング)で忙しいから仕方なく誰かが持ってきたカップ焼きそばを食べることになった、という想定です。ストキンさんは行間を読みとってください。
金コラの方もそうでしたが、まずは、句読点の入れ方やカッコ類の使い方などを確認しました。
かわブロに絵文字が多いのはわかっていましたが、句点(。)で終わる文章がほぼありませんでした(全部確認したわけじゃないけど)。
それから、文末と絵文字の間にスペース空けるとか。
顔文字や絵文字のバランスとか、自分にないものを書くのはむずかしかったです。
でも、よくよく冷静に考えたら、50過ぎたおっちゃんが、きゃぴきゃぴのアイドルの書く文章を模して書いていて、私はさらにその真似をして書いているんですよね。
完全にアイドルを真似しちゃいけない、アイドルを真似する「かんしゃん」を真似るんだ、の意気込みでもってがんばりました。

また、小さなこだわりですが、スマホのメモで作ったこの文章、時間やバッテリーの表示は見えないように、なおかつすべてが同じぐらいの大きさになるようにトリミングしました。
これがけっこうむずかしかったり。ま、どうでもいいことですね。

そして最後、KANさん風「やきそばの歌」的なものを作ろうと思いました。
それは、君と食べる焼きそば云々という歌詞なのか、はたまた食べられる存在としての焼きそばの気持ちを表現した歌なのか、「Yeah, きっとso bad」「いつも君の(ぼくの)そばに」的な歌詞や、いろいろ考えてみましたが、最終的にこれだけはムリ、となりました。
だってKANさん曲を作ってから詞を書くんだから、きっと焼きそばの作り方の歌詞は、少なくとも今は書けないと思うんです。
なので、精神的模写をやる立場として、これはできません。音楽家ではない私に、音楽作品は模倣できないのです。

ビリー・ジョエルはじめ洋楽ミュージシャンの数多くの作品であったり、マッキー(槇原敬之)風の曲(「車は走る」」)だったり、平井堅に提供した「Twenty! Twenty! Twenty!」であったり、ミスター桜井さんが作曲してスキマスイッチが作詞したような「scene」であったり、KANさんのこの手法による作品は枚挙にいとまがありません。
すばらしいのは、それでいてちゃんとKANさんの作品になっているところ。パクリとは違うんですよ、パクリとは。
どうも、こういうことする人が前から好きなんだなぁ、と再確認しつつある、今日子の五郎です。


おまけ:「KAN」で「焼きそば」といえば、コレ!
「あの伝説の焼きそば伝説が今よみがえる伝説!!」のキャッチコピーも秀逸。

KAN カン / KAN LIVE TOUR 2001 Rock'n Roll 39 【DVD】
価格:4443円(税込、送料別)


とあるミスタードーナツが閉店となりました。

そのお知らせが、合掌で始まり、合掌で終わってるという。

2016-06-01-18-33-33

いただきます(合掌)、ごちそうさまでした(合掌)、の合掌でしょうか。
合掌って、死に対するときだけすることじゃないんだよ。とまぁ私はそれで納得できるけど。

最後のご対面。
2016-05-31-15-43-49

とにかくは、ごちそうさまでした。合掌。 

このページのトップヘ