ぶつぶつノート ~ごはんおかわり~

たとえアイコンがうさぎになろうとも、ヒト型ネコはゆずらないっ!
ごはんおかわり! お茶も!
あ、ぶぶ漬けでもどうですか?

芸能生活29周年記念 特別感謝活動年 Final Kegimental Live「ロックンロールに拿捕されて」

このすばらしいライブを目撃できた感動と記憶を記録しておこうと思います。


まずはチケット。
終わったことなので席番も消してませんが、1階10列31番、というのは、1階中央前列ブロック右端通路側です。これ重要です。
20170414拿捕01

半券は、相変わらずおかしなことに。

拿捕当日。テンションが上がりまくる。

旅のもようは別記事で。

前日にはTwitterでは1曲めを予想するアンケートがあったり。
ちなみに、私はまさかの「全曲つなげ」に投票。あのメンバーで「全曲つなげ」やってほしいし、予想外のことするんならいきなりそれでもいいよね、とか。
もちろんデビュー曲から始まるのもアリかもしれないし、「桜ナイトフィーバー」もベタでいいよね、なんて思いつつ、でもきっと予想の斜め上から始まるんだろうなぁ、と思っていました。

開演前の影アナすらいつも以上にパワーアップ。
きゃりーぱみゅぱみゅさんのモノマネもあり、相当長丁場のライブになるから体内の排泄物はすべて出しておけ、とアナウンスがあったり。
高まる期待と緊張。

幕が上がり、ステージ上のピアノにスポットライトが当たり、なんと「愛は勝つ」クヮルテットバージョン! まさかの代表曲始まり?
と思っていたら「オー・ル・ヴォワール・パリ」が。予想外すぎる出だし。
しかし、何やら違和感。
……と、その時、私の少し斜め後方の扉よりKANさん登場!(舞台のピアノは、ピアニスト・塩谷哲さんによるニセKANさん!)
間近をKANさんがお通りになられて、お手やお体に触れることは畏れ多すぎてできなかったものの、KANさんの象徴でもある(?)羽根に触ることができて、出だしから感激で泣いていました。


さて、オープニングから予想の斜め後ろを突いてこられたわけですが、ここでセットリスト。(音楽ナタリー記事より引用)
01. オー・ルヴォワール・パリ
02. 何の変哲もないLove Song
03. ボーイズ・オン・ザ・ラン(馬場俊英
04. 今夜だけきっと(STARDUST REVUE
05. ポカポカの日曜日がいちばん寂しい
06. Happy Saddy Mountain(TRICERATOPS
07. プロポーズ
08. 練馬美人
09. スーパーオーディナリー
10. どんくさいほどコンサバ
11. 牛乳のんでギュー
12. 昔話を繙くように(STARDUST REVUE)
13. Menuett fur Frau Triendl(※furのuはウムラウト記号付きが正式表記)
14. Human(SING LIKE TALKING
15. Spirit Of Love(SING LIKE TALKING)
16. 桜ナイトフィーバー
17. 胸の谷間
18. Raspberry(TRICERATOPS)
19. 愛は勝つ
20. 小学3年生
21. ロックンロールに絆されて
22. 表参道
<アンコール>
23. 夢伝説(STARDUST REVUE)
24. KANのChristmas Song
25. 寝てる間のLove Song

ざざっと感想。
いきなりの「01 オー・ル・ヴォワール・パリ」にやられ、聞けたらいいなぁと思っていた「02 何の変哲もないLove Song」にうるうるきて、そして突然の馬場くん登場(03)→要さん登場(04)。
全体的に、ゲストに敬意を払いまくる構成だったように感じました。要さんも言ってたけど、誰のライブだよ、と。
また、
・できるだけ、アルバム「6×9=53」の参加アーティストに同じようにやってほしい
というのもひとつのテーマだったらしいのでそういう曲多め。

「05 ポカポカ」は好きな曲。竹善さんは声がいい(よすぎる)。
「06 
Happy Saddy Mountainは、本気でKANさんの未発表曲かと思いつつ(もしかしたらTRICERATOPSの曲だったり?)となり、家帰って調べてようやくTRICERATOPSの曲だと判明したり。和田シャーのライブでやってたんですね。
「08 練馬美人」は久々に聴けてよかった。和田唱くんというビートルマニアがいてこその演奏。東京でこれが聴けるのもよかった。
名曲「11 牛乳のんでギュー」は要さんがやりたい放題。
「15 
Spirit Of Love」これはあれだけのメンツが揃ってこそ、という印象。ホント、どの曲もゲストの皆さんがすばらしい配置となっている。

「16 桜ナイトフィーバー」はもうおなじみ。みんなが「はいはい、どうせお約束のアレやるんでしょ?やれやれ…」と思いながら「よっこらせ」と立ち上がりスタンバイするあの空気感が楽しいです。
そして、和田唱くんいるし「OK, on guitar, Wada Sho!」がちゃんと聴けるじゃないか!(さすがにギターソロ要さんじゃないよね)と思っていたのですが、まさかの、シングルバージョン、アルバムバージョン、ライブバージョンという予想を超えた豪華なギターソロを聴かせてもらうことができました。
「17 胸の谷間」では、「これってもしかして、例のあのボールが出てくるのかしら?」とそわそわと後方の扉をチラ見したりしてました。出てきませんでした。TRICERATOPSの演奏に集中しろ、ということだったのでしょうね。
この辺はグダグダが入りつつも、いちばんの盛り上がりゾーンに入る感じ。
ということは…
TRICERATOPSの「18 Raspberry」をはさんで「19 愛は勝つ」へ。この曲が来ると、盛り上がりゾーンも終盤かな?。
塩谷さんがいるしやってくれたらいいなぁと思っていた「20 小学3年生」。そしてもちろん「隣の和田」は和田唱くん。桜ナイトフィーバーに続いて「和田の有効活用」でした。
近くの席に小学3年生らしき少年がいて、楽しそうでした。

アルバムの精神的タイトル曲である「21 ロックンロールに絆されて」は、もちろんこのライブのメインとなるであろうと誰もが予想していた曲。予想していても、あの場で
この先あと何曲くらいオレは歌をかけるのだろう
この先あと何回くらいオレはステージに立てるのだろう
と聴いていると、涙が出てくるというものです。それがロックンロール!

1段階めのお別れは「22 表参道」で。これも、やってくれたらいいなぁと予想と期待していた曲。だってKANさん単独ライブでは難しく(そもそもライブ演奏が難しそうな曲)、むしろ「このメンバーでなら演奏できる」と選曲されるんじゃないかな、と思ったんで。これも、ビートルズを通過してきたアーティストたちが揃っていればこそ、という感じで、そしてこんな曲作れるKANさんスゴイなぁ、となる曲でした。

そして、とっても短いインターバルの後、伝説となった「コント夢伝説」。まさかの15分以上も長々とコントやって、演奏が始まらないとは。笑いすぎて疲れるわ!今何時やと思ってんねん!
こういう時、「ファンである私はいいとして、ウチの飼い主は飽きてたりしてないかな…」とか思って隣を見るんですが、案外私より大笑いしてることがあって、杞憂にすぎないことを感じさせられます。
また、それまでいつものバンドメンバーがあまり目立たない構成になっていたからちょっとさみしかったのですが、ここでキーボード・矢代さんやベース・西島さんがしっかりと役割を果たしていたのを見て、うんうんこれでこそKANちゃんのバンドよね、としみじみしつつ大笑いしました。
そして、もうすぐ来年のクリスマスなので「24 KANのChristmas Song」をアカペラで。ここもバンドメンバーが活躍。

ラストは「25 寝てる間のLove Song」で、わかってはいたんだけど、いつものことではあるんだけど、どんだけ腹抱えて笑ってても最後の最後でピアノ弾き語りが来ると、涙が出てきちゃうのよね…。
ステージにひとり、ピアノに向かうKANさんを見つめ、動けなくなってしまう自分がいる。
でも、かつて「永遠」の苦しいせつなさとは違う、今のラスト「寝てる間のLove Song」は幸せでじんわりあったかさすら感じられるものとなっています。また、観れて、聴けてよかった……。


君が好き ただそれだけを言いたいだけ


私もそれを言いたいだけで東京まで行ったようなものでした。KANさん、ありがとう!

ざっと曲をふりかぶるとこんな感じでしたが、3時間を超えるライブとなってました。

それから、このライブそのものも素晴らしかったのですが、ライブを語るうえではずせないものののひとつに「拿捕フラワー」と呼んでいたものがあります。
「ストキン!」とはKANさんファンの呼称ですが、このストキン!有志でスタンドフラワーを贈ろう!という計画がもちあがり、私も一口参加しました。
20170414拿捕02

アメフトルックで、羽根が生えていて、なんとピアノの鍵盤の数は参加者の人数と同じというすばらしい出来。めっちゃ感激でした。お世話してくれた皆さん、ありがとうございました。
KANさんがどう思われたかはわかりませんが、喜んでくれてたらいいな。
その様子がDVDにも入ってたらいいな。

そう、DVDは出るらしいです。ぜひ、コント部分もノーカットでお願いしたいですね。
今回は、待機列や会場で、間近にカメラが来たこともあったので、もしかしたら映っているかもしれないです。
何はともあれ、楽しい29周年、ケジメンタルライブとなりました。
特別に感謝したいのはこっちの方です。

本当にKANさんありがとう。歌ってくれてありがとう!
これからも、よろしくお願い四万十川!

【ライブレポート】
芸能生活29周年のKAN、名曲ありコントありの3時間超えライブ
(音楽ナタリー 4/18付記事)

KAN 29周年公演 根本要/佐藤竹善/塩谷哲/馬場俊英/トライセラ等と大はしゃぎ「この人の音楽聴いててよかった。そういう存在で在り続けたい」(billboard Japan 4/18付記事)

※日記じゃなくて、月記を書くようにしました。

3月は別れの季節

・仲良しが職場からいなくなるので、思い出づくり

ほぼこれ。
少し早くに情報をもらっていたので、お出かけ2件、宴会1件を企画。
個別にちょっとしたお出かけにも行ったり。
手作りプレゼントの新作も作った。
そんな合間に風邪をひいたりもした。
遊びに行ってる時は楽しいんだけど、ふとした時にさみしくて。J−POPの歌詞のようである。

変わらずぼくはまだ君が好きで
ずっと同じ場所で 足踏みだけで…(「君が好き胸が痛い」KAN)

こんな気持ちになる3月。でした。

IMG_0353
IMG_0347


6年ぶり2回めの「星屑の隙間に木村基博」に参加してきました!(前回の感想) 
さすが、音楽業界に一席を設けるすばらしい公演でした。 
この感動を記録しておきます。 

席は遠め。まぁ、前回が前過ぎ。スタンド席、案外斜めでけっこう後ろで、モニターに映し出されるアップの顔に機材のせいで縦線が入っちゃうぐらい。 
周囲の席は、振り付けの習熟度などからオーガスタ組、KANさんに耐性が少ない気配の方が多め。 

セットリストはこちら。
1. Bohemian Rhapsody
2.夢伝説 
3.ガラナ 
4.キミ、メグル、ボク 
5.すべての悲しみにさよならするために 
6.ユリーカ 
7.鱗 
8.My Funky Valentine 
9.ひまわりの約束 
10.ハナツ 
11.桜ナイトフィーバー 
12.木蘭の涙 
13.アイ 
14.晴ときどき曇  
15.よければ一緒に 
16.と・つ・ぜ・んFall in Love 
17.スミレ 
18.愛は勝つ 
19.全力少年 
20.愛の歌 
21.KANのChiristmas Song 
22.オリジナル 

感想はいろいろあるんですが、ちょっとめんどくさ…キリがなくなってきたので、公演後の自分のツイートを中心にして構成します。言いたいことはもっとあるんだけど。
 


予想と期待と裏切り
オープニングは初回に続きQUEENの「Bohemian Rhapsody」から。相変わらずカッコイイ。
ここは、違う曲で来るのではないか、と予想していて、きっと洋楽で、分厚いコーラスが売りのそんなグループあるいは曲かな、なんだろう…とあれこれ妄想していたところ、敢えての同じ選曲。過去1回しか開催されていない伝説のライブ"ホスキモ"らしさを出したかったのかな、と。
6年前のホスキモから、QUEENもときどき聴くようになりました(車の中で)。

そういえば、KANさんが登場してきたところでなぜかくすくすと笑いが起きていたような……。おかしいなぁ。 
めっちゃ普段着だったのに。

いい意味で裏切られたり、斜め上をいかれたり、やっぱり楽しかったです。 


2〜5は、勢いのある各組の代表曲クラスが演奏。
そういうポイントにKANさんは何をもってくるんだろう、と「ガラナ」あたりから考えてて、イントロで「すべ悲」が流れてきてその意外性に驚きました。
もう早くも第1部完、の印象で驚きつつも、こういう大きいホール向けの壮大な曲だし、要さんのギターソロで納得でした。

スペシャルゲスト
前回に引き続き、「よければ一緒に」でカンジェラ・アキが登場。さすがに、今回はないかと思っていたので、“肩幅広”の登場を予測していたのに。 




「時間差で伸び〜」からのウェーブもバカバカしくも見事であり、ぜんぜんアンジェラに似てない感じもよかったです。
もはや、アンジェラを知らない方が来てるかもしれないというのに、ブレないKANさんはステキです。


壮大なコント
カンジェラは置いといて、前回よりもさらに練られまくった、全体が大きなストーリーとなった中での演奏なのも楽しかった。
ステージ上には「スナック451」ができており、和服のママさん(前回のドリンクレディ)もいるし。


バカバカしさ(褒め言葉)の中に、6年前に亡くなった横井さんへの思いを込めての「木蓮の涙」はよかったですね。
真面目に、しんみりしつつも、照れ隠しのように「客の残したピアノで木蓮の涙を弾こうとする無謀な秦くん」ネタを仕込むところも…。

そうそう、「愛されるいじられ末っ子…に見せかけてわがまま放題な秦きゅん」もあざとかわいくてよかった。
「秦の悪いところ出てる」と大橋くんにツッコまれつつも、「秦きゅんのいいところが出てる」と思ったり。
「みんなをひっぱるかっこいいアニキ…に見せかけてババひかされる要さん」もよかった。
何度もくりかえす、ギターソロコントもたいそう楽しかった。 


16からの盛り上がりクライマックスゾーンは、おおむね予想通り。
「愛は勝つ」の間奏で木村組にはおなじみの「ベンツにアウディ」が聴けたのは感激。「おおー、第九!」となってる周囲にしめしめ。

16「と・つ・ぜ・んFall in Love」のオリンピック振り付け→17「スミレ」の流れで、秦きゅんの謎振り付けが登場。
わからない人を全力で振るい落としながら(ふるい落とされたまま)進んでいきました。
その「スミレ」、聞いてる時は「スミレ」だと知らずにいたし、振り付けもさっぱりわからなかったのですが、こんな感じでした。

アンコールも前回と同じ構成。
でも、「KANのChristmas Song」の前に「大橋くんの馴染みのスナック451が閉店になるんでしみじみしてたらちょうどクリスマスに雪が降ってくる(シンタくんのツッコミあり)」というコントも。
あのメンバーでのあの曲アカペラは、もう一度聞けてよかった、としか言えない。

最後は「オリジナル」。オリジナルというタイトルのオリジナル曲。ここでもしつこいぐらいのコント。
この曲、いい曲だと思います。
DVD化などはしない、と断言されましたが、曲を作ったんだしCD出してください。「Chu Chu Chu」も「靱のハミング」も出したじゃない。よろしくお願いします。
もちろん、映像も希望しますが。(特典映像は打ち上げか?)

そういえば、いちばんのイケメン・イケボはシンタくんだなぁ、と思いました。
KANさんはかわいい天使。かわいいには絶対服従なのです。

とりとめのないことをつらつらと書きましたが、次回も見られますようにと願いを込めつつ、このへんで。



年始の記事にも書いた試行錯誤していたシステムが少しずつちゃんと定まってきて、そろそろ本格稼働しだしました。
そのシステムに敢えて名前をつけるなら「四日坊主システム」と。

基本のルールは、
・1日1日「何をする日」と決めておく
・「家のこと」「仕事関連のこと」「自分のこと」「京都検定関係のこと」の4つをローテーション
・最低限の家事(ご飯と洗濯)については別とする

詳細ルールとして、
・それぞれ、最低30分でいいことにする
やれなくても気にしない
・ほかのことやりたかったらその日のこと30分やってからやる

内訳は、
「い:家のこと」→片付け、掃除、ちょっと手の込んだご飯、家計整理、共有部分片付けなど
「し:仕事関連のこと」→職場内グループのこと、データ整理・入力、ブログ更新、報告作成、資料整理など
「わ:自分(私)のこと」→ブログ、読書、ストレッチ・ラジオ体操、手帳・資料整理、買い物など
「き:京都(検定)関係のこと」→ブログ、データ入力・整理、資料整理、メール、企画、勉強など

といった感じで、それぞれ元はカレンダーだったホワイトボードペーパーに1枚ずつ書き、その中で優先してやることも書き出しておきます。
何日までにこれをやる、毎月初めにコレをやる、書こうと思ってるブログテーマ、とかも書いておきます。ホワイトボードペーパーなので、終わったら消せるのがいいです。
今日は「い」の日だから、とりあえず洗濯しながらリビング少し片付けて、紙ゴミの日が近いからそれをまとめて、終わったら出かけるか、みたいな感じでやってます。
要はアナログでのゆるいToDo管理です。


とにかく私は家のことをほっぽらかして散らかしっぱなしで。放置してることがたくさんあるから何かをやろうとした時に片付けからしなきゃいけないという悪循環で。
家の中に「あとできちんと片付けるからとりあえず入れておく箱(あるいは袋)」がたくさんありまして。あれ、片付けなきゃなぁ、と常に思っているの(に何も手を付けない)はよろしくないなぁ、そろそろヤバいんじゃないかと思い始めました。
そうはいっても、メインスペースが片付いてないし…みたいな悪循環につぐ悪循環。 
趣味系のことについても、複数のブログを更新したいし、勉強もしたいし、こっちの情報も整理したいし、あっちの資料も片付けないといけないし、読みたい本もたまってるし、ってなってます。
そうなってくると、もういいや、今日はマンガ読んで寝ちゃえ、ってなる日々…。

どうしたもんか…と思って、いろいろ考えた結果が、上記のルールとなりました。

たとえば「家のこと」をやる日は4日にいちど巡ってきます。
その日はできるだけ家のことをやりますが、いろんな理由でできない日もあります。
それでも、30分なら何とかやるかもしれないし、まったくやらなくても4日後にはまた回ってくるので取り組めます。
できなかったら次の日、というルールを試してみたら、なんだかずるずるとやらなさそうだったのでやれなくても気にしないことにしました。
また、急ぎだったり〆切のある用件が割り込むことは十分考えられます。試行期間中にもありました。
その場合はそれを優先して、日を入れ替えて…とか考えましたが、そうするとやはりずるずると先送りして取り組まないことが出てきそうでした。
それならば、30分はその日決めたことをやって、ほかのことはその後でやろう、と自分内会議で決まりました。
ちなみに、1時間だと長く、15分だと短すぎる、30分が(私には)ちょうどよい、というシミュレーションも行っております。

一時期は「毎日15分か30分、片付けの時間をつくろう( ー`дー´)キリッ」とか考えたのですが、うまく実行できてたらこんな事態になってません。
幸い、どこに手をつけても多少片付くことになる、ミラクルな家です(ポジティブシンキング)。
不思議なことに、やり始めたら少し片付くので、次の日もちゃんとやろうかな、という気分になることが多いです。

「洗濯」と「食事の支度と片付け」は別、としたのもよかったようです。
ここが滞留すると、ずるずるとほかに影響が出てくるんですね。
できるだけ、洗濯機を回してる間に「ちょっと片付ける(家のこと)」「ラジオ体操する(自分のこと)」「ブログの下書きする(自分のこと、仕事関連のこと、京都検定関係)」などやるようにします。
これで30分ノルマはクリアできることがほとんど。
30分やればだいたいエンジンかかってくるので、余裕のある日はそれにしっかり取り組めます。

そうそう、このシステムだと曜日固定にならないのもいいのです(最初は曜日固定にしようとしてた)。
仕事のシフトは変わるし、このシステムなら、それぞれがいつかは休みの日と当たる(そこでガッツリ取り組める)ので、それもよい。

最初は、「仕事関連」「京都検定関係」「ウチ(家+自分)のこと」と3つでローテーション組んだのですが、これだとなんでかけっこう大変で。
3日サイクルというのが早いというのもあると思いますが、おそらく「自分のこと」というのが効いているのです。
ぶっちゃけ、何をやっても自分のことではありますからね。休んでもいいし、勉強してもいい。(一応、優先してやりたいことはある) 

不思議なことに、やり始めたら少しだけ早起きになりました。
そもそも、私の目覚ましが鳴ってから「本当に起きなきゃいけない時間」までだいたい1時間あることが多いのですが、それはそもそも何かをする時間を作るための目覚ましだったです。それが、最近ではただの予備アラームとなりはてていたのでした。
それが、このひと月ぐらいは「朝のうちに30分ノルマこなそうかな…」と少し早く起きるようになったのです。
朝のうちに30分作業をクリアすると、仕事から帰った後にぐうたらしても別のことしても朝の続きをやっても、(私の中では)OKになるのがよいです。精神的にね。

これを始めて1か月、スタイルが固まってようやく2週間ぐらいですが、これまででいちばん、まともな人のような生活を送ってる気がします。
とはいえ、まだまだ家は快適じゃないし、むしろ汚いし、これで多少片付けたって正気かよ、1日30分何かやっただけで偉そうにすんな、ってレベルです。
が、趣味や家事を両立させる道筋はつけられたかな、と思いつつあります。

今はこれを習慣づけることが目標です。1年続けれたらいいけど…。
この記事も4日に1回下書きをちょこちょこと追記して、休みとぶち当たった日に残りをまとめ書き、となりました。
4日に1回更新ははっきり言ってムリですが、なんとか月に1、2回は更新できたらいいなぁ。 

これがホントに続くかどうかはわかりませんが、なんとかマイペースでやっていきたいと思います。 
そ、マイペース、マイペース、マイペース!(←今年の抱負)

記事を書いている途中でちょうどよく回ってきたツイート。

そういうことかもね。

このページのトップヘ